戻る
周りの景色が変わっても、見上げる空はいつも雄大で、空の色は変わっていない。 眺めていると心が癒され、夢が膨らんでくる。 過ぎ去った日は戻らないが、あの頃の空の下で過ごした情景が、記憶の中に鮮明に浮かんでくる。
季節ごとに変わる山々、海、川、田んぼ、田舎道、草原、野原咲く花々、ローカル線、木造駅舎、山里の民家など…どれも懐かしい。 青iい空に、白い雲が流れ、透明な気持ちにさせる。山や水平線に沈む夕焼け空は、優しく穏やかな気持ちになる。 時に哀しく寂しい気持ちにさせる。 東の空を赤く染めて昇って来る太陽は,、力強いエネルギーとなる。
空の風景は、私情が入った郷愁の空である。,
空を眺めていると、少年時代に戻り、失いかけていた童心がよみ帰る