← 戻る
(瀬戸内海の美しい景観を守るため、自分のゴミは持ち帰りましょう。各地の海も同じです)
今、瀬戸内海が注目されている
日本で最初に国立公園に指定(1934年)にされている瀬戸内海は、自然豊かな穏やかな海と海面に浮かぶ大小の島々が織りなす多島美が特徴です。
瀬戸内海の自然と人の生活の営みが一体にとなった内海の景観は、世界のどこにもなく、訪れる人々に安らぎと感動を与えている。 遠く観光船、漁船、貨物船が往来しいっそう旅情を誘う。
瀬戸内海は季節や時間帯によって、いろんな表情を変え魅了します。 高台から見る瀬戸内海は、きらきら宝石のように輝いている。 瀬戸の朝日、夕日は特に美しく、時間帯は海と空がさまざまに色に変化して、一瞬たりとも眼が離せられない。
海岸沿いに咲く季節の花たちは、多くの人を呼び入れている。
近年、瀬戸内国際芸術祭が(三年に一度)開催され、アートを通して島に活力を取り戻している。 今、外国から観光客が瀬戸内海の島々がが注目され,ており、魅力、美しさを国内外の人々に発信したい。